いつもそばに long ver.

ザ花、番外編の続き妄想です。
そして、本館ではなくて、こっちにあげた「いつもそばに」を、ゆるるく様のコメントを頂きまして、拡大してみました。


・・・・・

ぷキュ、ぷキュ、ぷキュ。
『なんだい、何か悩み事かい?』
鶏の着ぐるみがボードを京子の斜め前にかざす。
「悩みって、ほどじゃ、ないんだけど。」
ぷキュぷキュ
『占いなんてどうよ?』
京子はこっくり頷いてスマホを操作する。
ガクン
結果にさらにしょげる京子。
『ラッキーアイテムはスイーツなんだろ?』
ポフンと鶏が京子の肩を叩く。
『京子にオススメなスイーツ近いとこにあるよ?』
「うん、寄ってみよっかな。」
京子はスマホを見つめて、ちょっと微笑む。

「わぁ」
パステルカラーの店内に広がるふわふわしたスイーツ。
京子が頬を染め微笑む。

ぷキュ、ぷキュ
ケーキの箱を下げた京子の後ろを歩く鶏。

「あ。」
立ち止まる京子にぶつかる鶏。
見る間に染まる京子の頬。
スイーツを見るよりも、もっと蕩けてしまいそうな笑顔。
わざとらしく顔を隠そうと京子がスマホを操作する。
誰か片想いの人がいるのを発見したのだとわかるような、、。
『ラッキーアイテムだったろ?』
鶏のボード。

アパートの部屋。
ケーキを前にスマホを横に、にこにこと座る京子。
『これはサービス』
カフェのようなBGM

『明日も会えるかもな。』

ふふふ
ベッドに転がってスマホを眺める京子。
「おやすみなさい。」
ちゅ
スマホにキスをして、真っ赤になった京子がベッドサイドにそれを置く。
鶏がすかさず布団を京子に被せて、
『良い夢を』

、、いつもそばに。


「やっぱきまぐれロック!本日のゲストは !」
「この坊のしゃーないVTRでわかるよね?」
「京子ちゃんですー」
ブリッジロックの三人の掛け声に会場が湧く。

「あのCM凄い反響なんやろ?」
「リーダーなんかすぐさま機種変したよな?」
「ええっ、そうなんですか?」
京子の驚きぶりに、光が罰が悪そうに頭をかく。
「なんかあのシチュエーションがええなって。」
「まぁなぁ。あのポスター、マボロシ言われてるんやろ?」


くすり
テレビを前に某若手人気俳優は微笑みをもらした。
「お前、まさか。」
その彼をサポートするマネージャーは呟いた。

スマホにキスする京子の非売品ポスター。
店舗での宣伝用のそれは、店舗を飾る間も無く、争奪戦を繰り広げたらしい。

「おやすみ。」
そのポスターに蕩けるような微笑みを送る俳優を想像して、マネージャーは黙った。
機種変は即日だったし、、。
また、雑誌の取材で無人島に持っていく3つの物と聞かれたら、ポスターまで加えそうだとか、いや、スマホと言っちゃいそうだとか、、、心配しすぎかと、ため息をつく。

マネージャーは知らない。

鶏君がキョーコの「とっておきの元気のもと」を知っているかもしれないと、担当俳優が捕まえる算段をしていることを。
そして、
彼が、あの羊の中にスマホをしまって眠っていることを。
たまに、抱き締めていたりするのは、、知らない方が良いのかもしれない。


「ど、どうしてここに?」
「な、なぜそれを?!」
スタジオの隅、蓮に追い詰められた坊が逃げ出せたかどうかは、、さて。


おしまい
関連記事

web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム