スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

Driving Mr. T

車免許皆伝シリーズ(命名・ちょびさん)
暴走中です。
********




「ほら、大丈夫だったよね?」
運転席でがちがちになっている最上さんに微笑みかける。
さすがはハイブリット車というか、エンジン音がそんなに響かない。
だから、車内での会話がしやすい。
ちょっと自分の車は会話にはむいてないよなと思った。
「大丈夫といいますか、なんといいますか。」
よそ見しないよう注意してからは、首を固定したように前しかみてない彼女。
「最上さんバランス感覚いいし、慎重だから、心配する必要ないのにね。」
固まっているけど、ハンドルを抱え込むでもないから、いい姿勢だよね。
「お褒め頂いている気があまりしませんが、ありがとうございます。」
「前だけでなく、さりげなくバックミラーとかサイドミラーはチェックしながらね。」
「はいっ。」

免許を取るときいて、ちょっと面白くなかった。
まして、車はメーカーからとはいえ、プレゼントというのも、面白くない。
免許はまあ、取った方が身分証明書とかいろいろ使えるか、とちょっと気を取り直してみたけど、車を選んであげるとか、相談にのるとかいう機会までうばわれたのは、やっぱり残念だった。
・・・いや、あそこで冷静に色やら内装の相談にのっておけばよかったのか。

そう、冷静になったら、意外にメリットも多い。
馬の骨対策というか、送り狼に心配しなくて済むし。
車はわりと得意分野だから、いろいろアドバイスできるし。
そして、このポジション!
貴島くんと逆だったら、泣くに泣けなかった。
(つまり学科担当で、この美味しい実技を貴島くんにとられてるってことですね。)
そういえば、学科の撮影どうなってるんだろう?

「学科はかなり進んだのかな?」
「そうですね、ペーパーテスト対策に入ってます。」
「ふうん。」
しばし沈黙。沈黙にたえかねたように彼女が口をひらく。
「貴島さんは相変わらず冗談をよくおしゃるんですけど、楽しい方なのでよかったです。」
言ってしまったあとに、彼女が何を察したのか、ぎくっと固まる。
・・・どうして俺がいらっとしたか、わかるのかな。
「ああそうか、君、彼とメールやりとりしてるって。」
「や、やりとりほどのことは、ないですよ?お菓子情報をたまに下さるぐらい・・・で。あの」
「へえー。」
あの一件で引いてくれると思ってたんだけどな。
「末永く応援させてね、って凄く微笑まれちゃ、きゃあぁ!!」
ガコンっ!!急ブレーキ。

・・・貴島くん、何をいってくれちゃってるんだろう・・・・

「つ、敦賀教官!何でしょう???ブレーキ私踏んでませんよ!!」

・・・・まさか、あの一件を、、いやそんなことないな。・・・

「あ、ごめん、俺が踏んだ。」
にこにこ笑う彼の顔が浮かぶ。
まさか、俺をネタにするつもりだなんて、考えてなかった。
「え、停止線とかありましたっけ??」
「いや、ほんとごめん。発進していいよ。ちょっとこっちのブレーキの確認したかっただけ。」
「それは前もって言って下さい〜。はぁぁ。」
言いふらすような人ではないけれど、あれは、やっぱり拙かったのか。
はあ〜
ちらっと運転席の彼女を見る。
きっと貴島くんの質問に、先輩ですっって何の疑いも無く答えちゃうんだろうな、君は。
ちょっとぐらい、動揺してくれたっていいのに。



*****
がんばれ、教官。
やっぱり貴島さん、いい仕事してくれてます!



関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。