スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

[B.P.D.] 鬼のパンツ・Round3

B.P.D参加作
☆B.P.Dの詳細は本部へ(「まことしやかに」ちょび様宅)

fly awayのB.P.D参加作一覧はコチラ

〜〜〜〜




ドアを開いて、蓮はキョーコの挙動不審の理由を知った気がした。
ザワザワ
蓮の姿に広い室内に低いざわめき。
「敦賀蓮かよー」
「なんだ、出来レースじゃん、コレ」
体格自慢の男どもが十数名というところか。
その中に、村雨泰来の姿を見つける。
トラジックマーカーがクランクアップして、まだ日も浅いし、カインの正体も明かされてはいない。この撮影中にバレるとは思わないが、、キョーコは気が気ではないだろう。
・・・連帯感だの、チームだの、また発揮するのだろうか。
蓮は小さくため息をついて、空いていた席につく。

正面には机と並んだイス。
まだ空のそれらに、オーディションを受け続けていた頃を思い出す。
製作側が入ってきて一瞥したあたりでほぼ決まり。あとはそれの裏付け作業があるだけだと、蓮は繰り返してきた経験からそう思っていた。
出来レース、、自分が選ばれなかった頃はそう感じた。大してドラマチックな展開もなく、淡々と物事が進んでしまうのだ。

ガチャン
ドアが開き、ぞろぞろとスーツ姿の人間を交え、緒方監督が入ってきた。
ラブミー部もその後に続く。

「今日はお時間を頂いてありがとうございます。」
製作側のの進行係なのであろうスーツ姿が口を開いた。
そして、プロデューサー、監督、、ヒロイン達と紹介が進む。
「今日のオーディション用の脚本をお配りします。」
ザワザワ
ヒロイン達3人にあからさまにガッカリした態度の連中もいる。可愛らしいとはとても言えないツナギ姿。
まして、愛想笑いもなく、きちりと挨拶したから、社すら苦笑する。
ぱらり
蓮は脚本というプリントに目を落として、内容に目を見開く。
ラブミー部がツナギ姿だった理由。
奏江や千織が、あの仏頂面でも演技となればきっちり笑顔をふりまくのは蓮にも予想できる。
キョーコに至っては何をしかけてくるやら。
「一番気になったヒロインを選んで、展開して下さい。」
アナウンスが入って、男どもは3人を見比べる。
言い含められているのか、キョーコにも笑顔はなく、やや怯えにもにた表情。
「あ、彼女達には後ほど着替えてもらいますから。」

そして男どもも着替えだ。
手渡されるのはボクシングのコスチューム。つまりパンツとブーツ。
ヒロイン達が退出した室内。
「この着替えも審査対象です。ジムの更衣室だと思ってください。」
ガタガタ
何人かはマネージャーや付き人だったらしく、社と同様に壁際に去って行く。
「キョーコちゃんがヒロインでよかったなぁ。」
グフフ
社が眼を弓なりに細めて笑っていった。
、、全く。
社長がこの件を捻じ込んできたのも、キョーコ絡みだからなのだろう。

それにしても和製英語は厄介だ。
「boxers」と言っていたボクシングのコスチュームのような短パンを、日本では「トランクス」という。「trunks」はフィット素材のいわゆるボクサーブリーフのことだったりするから、逆だっていうか、なんていうか。
蓮はなにやら、名前のことをぼんやり考えながら、「トランクス」を手にしていた。

まっとうなトレーニングを嫌って、アンダーグラウンドな拳闘で賞金稼ぎをしている男が、ひょんなことから、「興行」に担ぎ出される事になる。かつてのジムに戻らないかと、トレーナーに誘われ、友人にはいい機会なんじゃないかといわれ、、そして、気になっていた
*ジムの経営者の娘
*友人の妹
*いざこざを偶然助けた女
への気持ちもあって、「興行」でスターである対戦相手に勝つことを考え始める。

正しいユニフォームを手にした男は何を考える?

「すげ、やっぱ鍛えてんだ。」
その声に蓮はふとその声の方をみた。
村雨が周囲を威圧するように自信ありげに身体をみせて着替えている。
喧嘩慣れした経験と役者としての、読み。
「はでっ」
この展開を予想していたのか、穿いていたのはボクサーパンツ(B.P.Dなので、この表現です!)。しかも、派手に大和魂とか描かれている。濃紺というか、濃紺の富士山に墨書きといういっそ、衣装のトランクスにもそれを使ったらどうかというような、柄だ。

くす

眼があった村雨に蓮は口の端で笑って、シャツを脱ぐ。
自信がないといったらウソになる。
身体を見せるのは仕事だし、そのためにトレーニングは欠かしては無い。しかも、プロテイン摂取で、ぶくぶくと筋肉を盛るような鍛え方はしてないのだ。

村雨に集まっていた視線が蓮に注がれる。
「やべえよ。」
ひそひそっと交わされる会話。
まだ村雨は族上がりという話があるからわかるとして、顔が良いから女にちやほやされているというイメージな蓮が、鍛え上げてますっていう身体を見せつけてくれば、鍛えている事にプライドを持った連中も怯む。
「あの背筋とか、どんだけだよ。」
この会場で腹筋が8つに割れてるのは当然で、もうあとは、どれだけバランスがいいか、ボクサーに相応しい身体かという競い合いだ。
黒いボクサーパンツが、締まった大臀筋を効果的に見せている。ブランドロゴも入らない真っ黒なそれは、微妙な光沢でもって、周囲を無言に抑え込む。


・・・野郎の着替えに見蕩れてどうする。

屈んでトランクスを履くそれだけでも、何処の筋肉がどう動いたかと、眼を惹く。
村雨はくそうっと内心歯嚙みした。
同じ現場でもドラマの撮影で、蓮がここまで鍛えた身体の持ち主だとは気付く機会もなかったから、ここに姿を見せて驚いたのだ。
打ち合いになったら、負けねえ。
闘志がゾクゾクと湧いてくる。
ヤバいのは、カイン・ヒールで充分だったからな。


「ほぼ決定ですかねぇ。」
机に居並んだ人々が、緒方監督に声をかけた。
緒方もにこやかに、「そうですね。」と光景を楽しそうに眺めている。
よく目立つ俳優二人の合間に、黙々と着替える小柄な男。目立ちはしないのに、目つきが鋭く、いかにもストイックに打ち込んできたという存在感を滲ませていた。
・・これで、3人。
・・あとは彼女達がどこまで、ここにいる男達の度肝を抜けるか。
緒方はにこにことした笑顔の下、自分の撮影プランに思いを馳せた。



[Round4]



*****
B.P.でましたよ〜
マッチョな兄さん達がみんなB.P.だろうと、想像。
ていうか、あのだぼっとしたトランクスの下に何も穿いてないとか、トランクス重ねとかは、妄想として却下してしまったので(笑)リアルボクサーがどうだかは知らないです。

そして、マッチョ兄さん達の間の蓮さんvs村雨がえがけて、ちょっと満足してまして、この先どおしよう?
なんだか、企画に相応しくない長さになりそうな。



関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。