スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

name 26b

*****
まとまって〜
bがついたのはいったん別パターンで書いちゃったからです。
*****






少し彼女の身体がよろめいて、後ろに下がった。
「ごめんなさい。」
抑揚に欠けた声。
やっと瞬きを思い出したように俯いて伏せた瞼に、ギュッと胸が痛くなる。


「好きでいて。」
願いにも似た想い。
そばにいたいと言ってくれてるのに、何か不安がもたげてる。

君の幸せを願うけれど、それは自分と一緒にであってほしくて。

でも君の幸せがどこにあるんだろうって、惑うんだよ。

君が自分を作り上げていく、その要素に俺は関って、、、いたい。


「空は広くて綺麗でしょう?」
と包み込んでくれた優しさを大事にしたくて。

君のすべてが俺を翻弄しているのはもう疑いもないことなんだけど。
いつもちらちらと不安がつきまとう君。

抱きしめる事で不安が減るなら、何回でもいつまででも抱きしめたいけど。

ほら、今も君は自分の腕を抱き締めて、震えてる。
何が、怖いの?と聞きたいけれど、聞けない。
だから、抱きしめさせて。


この撮影が終わってしまうのが、怖かった。
当たり前のように顔を会わせられる日々が終わってしまう。

「抱くのは、撮影が終わってから。」
この言葉に安心もしてた。
この枷を外されたら、君と躯を繋げる事で縛り付けておきたいと駄々をこねる自分を、君から隠しておけなくなる。そんなこと君が望んでないよねって、臆病になる自分もいるんだ。


「こわい。」

君が震えながらもらした一言。

「いなくなってしまうのが、こわいんです。」

ぐっと抱きしめた躯は細くて柔らかすぎて。
頼りなげに背にまわされた手。
「君から離れないよ。」
腕の中で君が横にかぶりを振る。
それを止めたくて、頬に手を触れる。
顔を寄せて、その唇に気持ちを重ねる。

ー怖いなんて考える余裕を与えてあげないよ。



*******
うん、なんとかつながってますかね。

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。