スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

SP番外編続き妄想・羊の微笑

えっと、結局シリーズ化?
羊シリーズ、、、タイトルも初回に倣い、映画タイトルもじりで。



「蓮、その荷物、どうしたんだ?」
車を降りる蓮が大きめのバッグを手にしていたので、社は声をかけた。


[羊の微笑]


「せっかくのプレゼントなので。」
にっこり微笑んだ蓮に社は言葉を失った。
・・・プレゼント?
カイン・ヒールが、プレゼントを貰うことは無いだろうし、この前の誕生日もバレンタインも、、
そこまで考えて、あ、と社は納得した。
キョーコちゃんか。
何しろ蓮は一個持って帰ったら全て持って帰らないと、の主義の為、プレゼントは全部事務所で処分している。
まして、あの時、家で開けてくださいとキョーコが怖い顔になった為に、社は何だったかを知らない。
「一個でも使うなら、全部じゃないのか?」
二ターリと笑う社を蓮は無視した。
「で、そんな持ち運ぶような物なのか?」
ちらりと社を見た蓮は、ふうと息を吐く。
「休憩と移動には欠かせないんです。」

「なっ」

なんだこの光景!!!!
控室で仮眠してきます、と蓮がそそくさといなくなり、社は寝るのならと気を使って別室にいたのだが。
時間だと携帯を鳴らすが反応がなく、慌てて開けたドアの先。

可愛らしい羊のぬいぐるみに頭をのせて、気持ちよさそうに眠る、蓮。

ヒール兄妹で同じ部屋で過ごすのは、流石に睡眠不足になるよな。
好きな女の子と一緒で、理性を必死に維持してるんだろうし。
と考える傍ら、、
このまま、キョーコちゃんのファンシー小物に埋れて行くんだろうか、、。
なにか、こう俺が頑張ってきた敦賀蓮のイメージって。
てか、その羊可愛いな。

もふもふ好きな社である。貰ったワンコのぬいぐるみを実は家に飾ったりしている。
携帯ストラップに柴犬の丸っこいぬいぐるみをつけたいのを、我慢している。
・・・だって、敦賀蓮のマネージャーだよ、俺。
プルプルと社は首を振った。

「蓮、時間。」
そういや、ドアが開いたことにも、自分が近寄った事にも気づいてないのか?
はじめてこんなふうに、声掛けて起こすぞ?
「、、、すいません。」
薄目を開けて、ぼんやりと頭を起こした蓮に、社は正直困った。
、、、この爆睡姿。他人に見られたらマズイよな。

「やっぱり寝れないのか?」
「え?かなり眠れましたよ?」
「いや、ほらアッチで。」
社は声をひそめる。
初日、寝れないと死ぬぞと言った社である。
「そんなこと、ないです。」
蓮は澄まして答える。
「そうならいいけど、さっき起こすまで起きないんで驚いたからさ。」

沈黙

「あの羊、安眠まくらなんです。」
社はその言葉に、なんだか、お前が枕というと別のモノが浮かぶんだが、とは言わない。
キョーコちゃんが家で開け欲しいと言った理由も何と無くわかる気がした。
恋は複雑怪奇だな。
一緒にいれば眠れないのに、プレゼントに顔を寄せれば深い眠りに落ちる。
「そうか、いいプレゼントで良かったな。」
、、俺はお父さんか!
自己ツッコミしながら社は言った。
もう、あの羊、認めるしかないよな。
「ドア開けられても気づかないのは、やばいから。仮眠とる時はドアに棒でも立て掛けておけよ。」


そして、雑誌のインタビューのお題がやってきた。

「無人島に持っていく3つのもの。」


敏腕マネージャーは許可した。
公開してしまえば、いいのだ。
あんな無防備に寝ているとこ、盗撮されて、変なふうにばら撒かれる前に!


よもや、プレゼント主が盗撮するとは、、、、
社の予想は恋の前には無力だった。



end



*****
社さんがキョーコちゃんに、ほらねというか微笑ましいよね?みたいな顔だったので。
いやもう、番外編の社氏はお兄ちゃんでマネージャーさんな感じが素晴らしく素敵でした♡


関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。