時には昔の話を 8

このお話のキョーコさん蓮さんを落ち着かせてください!
それがカウンター12345を踏んでくださったカレーリーフ様のリクエスト!

12

予告もせずに最終回!!!




「??」
未來はホテルの庭園に面したラウンジの席に、上杉夫妻、それにホテルマネージャーの冴木の姿をみつけた。
3人は一心に庭を見つめている。
・・冴木さんに京子さんの居所をきかなくちゃ。
未來は3人に近寄る決意をして、スタスタと歩く。
声をかける前に、状況を把握しようとして、未來は窓の外をみた。

「王子様だ。」

庭園のガゼボに向かって歩いていく、長身の人。
それは未来が思っていた、「王子様」だった。

「もー、未來ちゃん、王子様ってね。」
奏江が未來の言葉に振り向いた。
「うん、だってね、ちっちゃい時にそう思ったの。」
「。。そう。」
「京子さん、賭けに勝った、のかな。」
未來の言葉に奏江がちょっと驚いた顔をした。
「アンタそれ、どうして知ってるの?」
「昨日、お庭で京子さんに聞いたんです。」

・・・私がこの庭にいる時、その人が訪ねてきたら
・・・今度こそ、その人を愛そうって賭けしてるの。

「そう。じゃここに座ってなさいな。」
奏江は未來に窓際の席をすすめた。


ガゼボの前でその人が立ち止まる。
何かを一生懸命話しているのだと、それはわかる。
そして、京子さんが両手を口に当てたまま、眼を真っ赤にしたのが見えた。

やっぱり王子様だ。

ひざまずいたその人が、近寄った京子さんの手にキスをした。
そして、京子さんはその手を囲むように屈んで、彼のその唇へキスをおとした。

すごく綺麗だった。

京子さんは彼の手をとって、ガゼボに座る。
彼は隣に座ると、頬を寄せて、何かを話している。
そして、京子さんは本当に嬉しそうに笑って、少女のように頬を染めた。

窓際の4人はみんな微笑んでいた。

笑顔のまま唇を尖らす京子さんが、彼の口にクッキーを押し込んだり。
お返しのように、ホイップクリームを舐めさせられたり、
ただ2人が楽しそうに、それでも、ずっと話を続けている口の動きに。
「結婚式、そのままやればいいのに。」
ぼそっと奏江さんが言った。

それは13時頃だった。

冴木はさすがにさっさと仕事に戻り、奏江と飛鷹もこれ以上みててもあてられるだけだわと部屋に戻っていった。
未來もどうしようかと思ったが、手持ち無沙汰なので、本でも読もうと部屋に一度戻った。
「京子さんの話、聞きたいんだけどな。」
好奇心を抑えられず、本を手にラウンジに戻る。
冴木がティーセットを未來の前においてくれた。
「3時ですから。」

まだ2人はガゼボで楽しそうに話をしている。
肩を抱かれて、キョーコが頬をそめたまま笑っている。

陽が傾きだした。
夕焼けがとても綺麗で。
ここから見える海の水面がオレンジ色に染まって光る。
2人がその景色をじっと眺めている。
未來はそれに見蕩れていた。

「お願いしたいのですが。」
冴木に声をかけられて、未來はきょとんとした。
「なんでしょう?」
「ガゼボのお二人に、もうこちらへお戻りいただくように、声をかけていただけませんか?」
「・・・それ、私?」
「たぶん、一番問題がないんです。」
冴木が困った顔になっていた。
「わかりました。」
未來はいいっか、と思う。お邪魔虫はコドモのほうが罪が軽い。
好奇心もある。


「京子さん。賭けは勝ち負けじゃないんですね?」

めいいっぱい、大人ぶって未來は声をかけた。
キョーコが笑う。

「ちゃんと人生を賭けたのよ?」

隣で王子様が真っ赤になっていた。
だから、これはハッピーエンドなんだと、思う。



♡FIN♡





******
にゃー
これで終わるのか?!

2話で運転手だった北村くんはこの話を社さんにちゃんと持って帰ったとか。
そしたら、折り返し社さんをのせて戻ってくる事になったとか。
そういや、ショータローはそれも知らずに曲作りしてるんだろうか?

たぶんこの設定はまだまだ続くはず。(そう言っているお話が他にもありますが。)

カレーリーフさん、リクエストありがとうございました!
お尻を叩いて頂いたおかげで、進みました〜〜〜
こんな落ち着き方でいかがでしたでしょうか?







関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵!

mokaさま

堪能しました〜、ありがとうございます!

キョーコさん素敵!
ホテルの女主人でもあるキョーコさんの、堂々たるプロポーズ大作戦だったと思います。ガゼルで王子様が!って、もう。

ぜひぜひ続編をお待ちしております。

Re: 素敵!

> カレーリーフ様

ありがとうございます!
もうリクエストいただけなかったら、進まなかったんじゃないかと。
設定ができた段階で思い入れが強かったのですが、その設定だけに続けてよいものかと迷ったりもしてました。

続編と言って頂けて嬉しいです!!
きっと蓮さんがキョーコさんのドレス選びだけで大変なことになりそうだとか、キョーコさんの後援者会(保護者会?)も何やらやらかしそうだし、この先も蓮さんがキョーコさんの手のひらの上で赤くなったり青くなったりするんじゃないかと妄想してます!

ありがとうございました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

タイトルなし

しっとりとした大人な恋愛、
いいですね( •ॢ◡-ॢ)-♡
物語の時間がゆっくり流れるように
キュン度もじんわりきました💓
蓮キョが結婚しないでいたら
きっとこんなかなー?って思います。
キョーコちゃんがオーナーのホテル
泊まりたいです

Re: タイトルなし

> Chisa様

コメントありがとうございます!
メアド入力頂いてましたが、万が一とこんな形を取らせていただきました。

しっとり 、じんわりと言っていただけて嬉しいです。
書いておきながらなんですが、このホテルに、泊まってみたいなと思ったりしてます。
のんびりじっくり、またお目にかかれるよう準備中ですので、また、覗いていただけたら嬉しいです。

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム