スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

純情と理性 2

拍手ありがとうございます。
そして、続く。
よろしくお願いします。




む、無理!
キョーコは台本をパタンと閉じた。


・・・純情と理性・・・
最上キョーコの場合


ざわざわ
会議室はいろんな人達が、そこかしこで囁きあっていて、キョーコは身を竦めた。
ひとりポツンと座っていることには慣れているのに、居心地が悪い。
ところどころ
「未緒、、、なのに。」
「その前も、アレ、だろ?」
そう云う声が耳に飛び込んでくる。
「緒方さんて、よくわからない。」
はあ
キョーコは小さくため息をつく。
ドラマの初顔合わせ。

人気少女漫画のドラマ化。
受けるかポシャるかの両極端な企画。
監督は緒方さん。
Dark Moon後の初ドラマ。
大ヒットを飛ばしただけに、テレビ局も期待の次回作。
そこに、ヒロインをキョーコにと抜擢したのである。
周囲は猛反対した。
実績は未緒とナツ。たしかに、緒方がDarkMoonで発掘した人材ではあるが、今回のヒロインとはイメージが違い過ぎた。まして原作の人気があり、イメージがあまりに違えば、キャスティングの時点で、バッシングの嵐だろう。
「大丈夫です。まあ、発表時には名前伏せて、予告編だけ流しましょうか。」
穏やかな顔が、キッパリと物事を告げる。

「京子さんしか浮かばなかったからね。」
顔合わせ前に緒方はキョーコに会いに来てくれた。
「初顔合わせが勝負なんだ。」
ちらりと鬼の顔が覗く。
「期待してるから。」

原作漫画をキョーコはひたすら読んだ。
恋。
初恋。
素直な女の子の恋。
廊下を歩いてる姿に、
電車で眠りこけてる姿に、
姿がすぐ目に入って、見つめてしまう。
話しかけてくれるのが、嬉しくて、
ドキドキして、苦しいのに甘い。

「蓮、くん。」

今自分がどれだけのあほ面を晒しているんだろう。
いま口にしたセリフを、、誰の顔を思い浮かべていった?
机に置いた鏡を見る。
上気した気持ちそのままの赤い頬。
でもそれは、漫画の中の彼女には近い。
・・・恋をしている。

これは役だから、言っても軽蔑なんかされない。

「蓮くんが、好き。」

苦しくて甘くて。ちょっと苦い。
蓮くんはモテる。学校でも目立つし、モデルをしてる彼女がいる。
だから、私とは別世界な、はずなのに。
ほんの些細なアクシデントから。
「おはよ。」
「おはようっ。」
挨拶をするようになって。

どきどきとキョーコはページをめくる。
重なる恋心。
優しい蓮にどんどん心惹かれるのに。
彼を思えば強く好きだと言えなくなるその状況。
なのに、どんどん近づいてくる蓮。

ー好きだよ。

「っっ、、、、、!」
胸が張り裂けそう。
キョーコはがばっと漫画から目を放す。
飛び込んでくるのは、あの日、社長の前で見せてしまった顔。

?!

優しく、何かにつけて、構ってくれる、その人の、、気持ち。

ー気になるんだ。
ー何をしてるか、とか、何を考えている、とか。

漫画の中と妄想が、ごちゃごちゃになる。
まさか、、。
それは都合がよすぎる。
ー大切な人はつくれない。
あの人は、誰にでも、、優しいのだ。
けど。

「好き、好きなんです。」
きゅうんと鳴ってしまう胸。
こんなに恋は切ない。

役だから、軽蔑しないで下さい。お願い。

ーその優しさの裏に、期待してしまうこと、許してください。


「好きなんです。」




*****
だから、蓮さんからは逃げまわると。
さて、次は、蓮さんが自宅でじたばた?


関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。