スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

恋セヨ、乙女! 其の弐

超有名少女漫画をもとにした映画に主演することになった、キョーコさん。
前回はラブミー部、2号と3号の出演が判りました。
さて、




「新開監督、なんですね。」
蓮は台本をめくりながら、確認の言葉を社にかけた。

ドラマの撮影後の控室。
ウキウキした様子の社から、きっとまた最上さんがらみの話なんだろうと、少し期待したのは、、否めない。
・・恋は人を愚かにする。
似たようなことをあの子が言っていたような気がするな。愚かだろうとなんだろうと、何か期待してしまうのだから、仕方が無い。
「じゃーん!映画の台本っ。キョーコちゃんと共演だぞっ!」
「えっ」
喜び半分、一体何の急展開かと思う。
・・映画の話は、新開さんの新作っていうことしか、聞いていなかった。

「なんだよ〜、もうちょっと驚いてくれたっていいじゃないか。」
「いや、そのどんな話の映画だったかと。」
蓮のその返しに、社がぷぷっと眼を半月にして嗤う。
「蓮が、少尉。ぷぷぷ。」
「?」
「あ、そっか、知らないんだよなぁ。アニメとか以前にも映画化されてるんだけどな。」
社はストーリーを知っているらしく、それはそれは例の乙女顔で嗤っている。
・・・何がそんなに楽しいんだ。
蓮が少し腹立たしく感じながら、台本に眼を落とす。

純情大正浪漫
『恋セヨ、乙女!』

タイトルで若干固まる。
・・新開さん?
・・それにこのタイトルで最上さん?
いったい、あの子はなんの役ででるんだろう?

ぱらりとめくった表紙。

花村紅緒・・・京子
伊集院忍・・・敦賀蓮
青江冬星・・・古賀弘宗

「えっ」
蓮は思わず口に手をかぶせてしまう。
綻んでしまう表情。
・・共演って、最上さんがヒロイン。

「よかったなぁ〜キョーコちゃんと婚約者だぞ?」
社の発言はマネージャーのそれではなく、完全に友人を揶揄うものだ。
「いや、、役で、、。」
ぱたりと手を止めた台本の最後。
・・・結婚式。
『紅緒を抱き上げ、キスする忍』
どきんっ
なんだか身体が急に火照った気がして、蓮は慌てて台本を閉じた。

「れ、、、れ〜ん。」
無表情に台本を閉じた蓮に、社は真面目な顔になる。
「ま、一番絡みが多いのが、古賀っていうのが心配なんだけどさ。ラブミー部も一緒だし大丈夫だろ。」
社が問題はそれだけだ、といわんばかりで、軽く息をはいた。
「え?」
蓮は慌てて想像の世界から戻る。
「なんだ?難しい顔してたくせに。」
蓮は苦笑してごまかす。
「古賀の矛先がお前ならいいけど、って云ったんだよ。」
社が少し険しい顔だ。
「古賀くん、ですか?」
何度か共演の経験はある。できない俳優ではない。
「はいはい、お前はそういうことあんまり気にしないから、わかっちゃいるけどね。」
社が控室を簡単に片付け始める。

「古賀くんの矛先って。」
蓮は社に説明をもとめた。
控室を後にした車内。
「えっと、なんていうか。あの例の抱かれたい男No1の称号にこだわってるんだよ、彼。」
「そんなもの。」
「そ、お前がちっともその称号をありがたがってないとか、その称号に似合わず攻めあぐんでるとか、そういう事情はおいといてだな。古賀は取り戻したいらしいんだ。で、強烈なライバル心を燃やしているらしいよ。」
「へえ、知りませんでした。」
・・・攻めあぐんでいるは、余計です。。
などと、蓮はへんなところにひっかかりを感じてみたりするが。

「だろうな。旬の俳優2人を一緒に起用なんて費用もかかるわ、日程調整も大変だし、そんなに共演してないからな。」
「あぁ、そうですね。」
「だから、今回制作側が頑張ったのかもしれないけどさ、古賀も良く承知したよね、と俺は思う訳だよ。」
そこまでの社の話で、蓮はなんとなく、古賀に警戒はすべきだと思った。
「今回の役だって、お前に負けるような役どころだし。」
「え?」
「あ、まあ、台本に眼を通せばわかるから。俺は姉貴の影響で原作読んだからさ。」
ぐふふ
社がまた乙女顔になっている。
「なんていうの、キョーコちゃんとお前そのまんまっていうかさぁ。」
ぐふふ
「撮影の間に進展できるといいなぁ。」
ぐふふ
「・・・。」
・・あからさますぎますよ。けど。
結婚式という、ハッピーエンド。
が蓮の頬を緩める。
役の上だけでも、、それはやはり嬉しい。
どんなドレス?着物?

帰宅した蓮が、帰るなりソファーに座り込んで、台本を読み込んだのは、云うまでもなかった。


******
二回目にして蓮さん登場。
さあ、謎のオリキャラ古賀氏、どんな人やらねぇ。
(一応抱かれたい男ランキングからお名前を拝借しました。)

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

祝 はいからさん

こんばんは
はいからさんパロ有り難うございますvv
ちおりんの蘭丸くんはツボでした。キョーコちゃんへのゾッコンぶりでは、ぴったりかも。
オリキャラの冬星さんも楽しみです。

Re: 祝 はいからさん

> みかん様

コメントありがとうございます。
ちおりんの蘭丸くん、ツボと言っていただいてほっとしました〜!
実は一番キョーコさんにベタベタする役ですもんね。
冬星さんを結局オリキャラにしてしまい、すいません〜だったので、楽しみと言っていただけた分、ちょっと頑張ってもらえるといいな、と思います。

連続コメントで失礼致します。

うるさくてすみません…、でも、少女漫画王道と社さんの萌え方が妙に合っていて、客観的に笑えました。春風ふう蓮様なら春風そのものの少尉も合うかも、ですね。オリキャラは重要スパイスですね。楽しみです。ありがとうございました。

Re: 連続コメントで失礼致します。

> Genki様

コメントありがとうございます!
そうなんです。きっと社さんが一番楽しいんじゃないかと。蓮さんが春風だけで過ごせるかどうか、、、
オリキャラ、、責任重大です。
message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。