スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

the qualifying marks

ちょーお久々の『車免許皆伝シリーズ』(ちょびさん命名)

残すところ免許の試験です!フィナーレ!!!

さて、免許の試験ですが、調べたら結構面倒でした。
念のため申し上げますが、これ作り話ですから、「警.視庁の広報担当官」とか鵜呑みにしないで下さいね!
そんなポジションがあるのかとか、民.放に協力するのかとか、私のような小市民にはわからないです。
(調べろ?いや、確かに面白そうですが、、)



普通免許試験は、適性試験と学科試験、それに技能試験となる。
「京子のSafty Drive!」は指定教習所では行っていないので、
キョーコは直接試験場受験というちょっと玄人っぽい受験となってしまった。

『指定教習所』で技能試験をクリアすれば、適性試験と学科試験の受験だけですむが、
『指定教習所』以外だと、適性試験と学科試験を受験して、それをクリアしてからの技能試験受験となる。

そして、学科試験の合格ラインは90%以上の成績。
案外厳しいのは、免許だからである。
それがわからない人間が運転してはいけないということ。


平日の午前中、ハンディカムのカメラマンと警.視庁の広報担当官に付き添われて、キョーコは試験会場入り。
「あ、あれ、京子ちゃんじゃね?」
玄関先で広報担当官と話をしている姿に、受付ロビーもざわついていた。
「らっきー、一緒にお受験かよ〜」
車免許の受験生にはお馴染みなはずである。
そして、ざわつく会話は、、ショータローの耳に届いた。

「お前、なんで今日なんだよ!」
「あんたこそ、なんでいるのよ!」
「う、うるせ〜っ、忙しいスケジュールの合間に受けに来たんだ。お前こそ何だよ。」
「仕事なのよ。」
ショータローは後ろでカメラを構える人を見つけて、黙った。
実はすでに、、何度目かの学科試験。
キョーコが一発合格は間違いないだろうと、ショータローは思った。
、、、何しろテストとなれば満点を目指すのがコイツだからな。
そこは認めざるを得ない。

「運転免許取りたかったの?」
キョーコは不思議そうにショータローを見た。
なんというか、運転するショータローが想像できない。
車の運転とは、、ギアを握る大きな手、ゆったりと前を見ながらの華麗なハンドル捌き。
キョーコの運転席のイメージはそれである。(蓮さんと生垣さん、貴島さんに光君しか知らないキョーコ)
つまり、ショータローがゆったり構えるなどというイメージがキョーコにはない、という事。

「お前こそ、番組だかなんだか、チャラチャラしやがって。」
ちっ
ショータローはキョーコにだけは知られたくなかった。
先に免許を取って、車を自慢するつもりだったのだから。

カメラマンは、不破尚まで撮れれば撮りたいと思ったが、付き添いっていたマネージャー祥子に拒否された。
祥子もわかっていた。
そして、覚悟した。
しばらく尚が仁王になるのを。
キョーコのいでたちは番組内で良く見たスポーツウェア。
つまり、とっくに学科試験はクリアして、今回は難関と言われる技能試験なのだということが祥子には判ったからだ。
「尚、もう時間。」
祥子は言い争いを始めそうな2人に割って入る。
「お前もだろ?」
ショータローがキョーコに言うが、キョーコは笑った。
「私、学科じゃないから。」
「はぁ?」
「学科試験はもうとっくに受かったのよ。今日は技能試験なの。」
ちなみにショータローは指定教習所上がり。
技能試験??という疑問も浮かびながら、学科はとっくに受かったというセリフにショータローは無言になった。
今回合格しなかったら、キョーコが高笑いする姿が目に浮かぶ。
「そーかよ。」


「よろしくお願いします。」
強面の試験官にキョーコはきっちりと綺麗なお辞儀をする。
同乗するのは、カメラマンに広報担当官。
キョーコも緊張するが、試験官も緊張しているらしい。
、、、ここで落ちたら、番組が!スタッフのみなさんが!、、敦賀さんが、怖い。
「あれだけ練習しているんだから、大丈夫。免許とってからの安全運転のほうが大事だからね。」
にっこりと励ます蓮の表情を思い浮かべて、キョーコは深呼吸した。
・・敦賀さんに教えてもらった事!
・・生垣さんがアドバイスして下さった事!
「落ち着いてね。」
低く優しい声が頭に響いた。


「おめでとうー!」
キョーコより先に、警察関係者が盛り上がる。
「う、わっ、、ありがとうございます!!」
ぺこりとキョーコはお辞儀する。

「最上さん、おめでとう。」

・・へ?
その声は?
そろり、とキョーコは頭を上げる。
そこには花束を持った蓮がいた。
「つ、敦賀さん!」
ぼっとキョーコはさすがに真っ赤になってしまう。
・・せ、制服似合いすぎます〜
そう、どういう訳か蓮は警察の制服に制帽姿。
「ありがとうございます。でもお忙しいのに、あの?」
「まあ、ほらこれも仕事だしね。」
蓮はニコニコして制服を摘んでみせる。

「あ、そうだった、最上さん。」
「不破くんは、残念だったみたいだね。」
ニコーッと微笑む蓮の表情は、悪魔の微笑。
「ちょっとは、見返せたのかな?」
・・・こ、怖いです。敦賀さん。
キョーコは顔を引き攣らせる。
ショータローに先んじたのは嬉しいが、そこに拘る先輩も良く判らない。
「ま、彼に車で攫われることも無くなる訳だし。」
「そうですね。」
じいっとキョーコは蓮を見上げる。
・・・そうよね。自分で運転するようになれば、あんな事は無いし!
いつぞや、学校から攫われた事件を思い出す。あれで、とんでもない展開になったことはまだ、記憶に新しい。

固まってしまったキョーコに蓮はしまったと思いつつ、ある事を思い出した。


内緒話とでもいうように屈んでキョーコの耳許に囁く。

「免許証、ちゃんと見せてね?」
「は、」
「俺の免許証も、、見せるから。」

ボフン!
真っ赤に染まったキョーコの顔に、蓮はにっこりと笑顔を零した。



the end




********
いやーもう長く引っ張ってしまったこのシリーズ。
無事に免許証獲得のキョーコちゃんです。
尚の学科試験落ちは、引っかけの「てにをは」にやられているという妄想です。言葉も操るアーチストですからね、繊細だと思ってますよ。あと、真面目に対策問題集とかはやらなさそうだなあと。


蓮さんの免許証といったら、『gold card』の時のエピですね。見せるとなったら、久遠バレです。
ああ、えっと『my sweet car』の時はまだ見せてないようですけど。

ちょびさん!
思えば「車免許皆伝シリーズ」と命名していただいて、はや半年近く。
fly awayの初期からお付き合いありがとうございます。

魔人様!
罠に転がり落ちて、アレコレ嵌らせて頂きありがとうございました。
やっと、このシリーズは終了です!!


このシリーズを楽しみにしていただいた皆様
ありがとうございました。





関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

シリーズ完結!!

おめでとうございます!!

ショータローの受験や蓮さんの免許証の話。

最後も粋な感じで終わりましたね!!

この度は全31話の大作ドボン有り難うございました!

次回のウッカリつるるんドボンも期待してお待ちしてまーす!!(常に捕獲対象となった貴女様への期待はうなぎのぼりでございます)

Re: シリーズ完結!!

>魔人様

ありがとうございます!!
まあ、長らく間が空いてしまいまして、、すみませんでした〜
31話!長編でしたね(苦笑)

粋な感じと言って頂けて!!有終の美?ありがとうございました。

ウッカリつるるんドボン、、はて??
足腰弱いからなぁ・・。
message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。