スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

insomnia・・three

いままで手を出さずにおいた
カイン・セツ
どうやっても、どこまでいっても昏い。
ズキズキ感に浸りたくて書いてます。
そんなものも、たまには。という方のみお進み下さい!!!

 *****

だって、タイトル昏い・・・・

 *****

ですから、
もう遠慮なく
ズキズキ


 ****


 **


 *


「いや、、、。」
均衡を破った声。
ぎゅっと指が背中に食い込む。
閉じられた瞼が震えている。

抱き寄せて、
沸き上がった欲望を
彼女に向けられずに
離れようとして


背中を向け合って寝ていたのに。
同じベッドになんか、
安心して眠るため?

眠れない。

抱き合っていれば、悪夢を見ないですむはず。
子供が親に寝かしつけてもらうみたいに。

俺は君が思うような「兄」でも「先輩」でもない。
君が安心して寝ていられるように
抱きしめているだけ、
そんなことは
無理だ。

眠る時間まで、演じろとは
誰も言っていないだろう?

それでも身体を離そうとするのは。
大事にしたい
から。

「おいてっちゃ、、や。」

震える伏せた睫毛。滲んだ、涙。
こみ上げたのは

小さな悲鳴を閉じ込めるように。

強く

その悲しい声を紡ぎだそうとする唇を塞ぐ。
開いたその口に
気持ちを注ぎ込むように。

小さな頭を抱え込んで
押さえつけて

悲しい声など漏れないように

か弱い抵抗を体全体で抑え込む。
つっぱったままの細い軀をベッドに沈め込む。

溢れ出す唾液
落ちる、涙。
大きく波打つ胸

のけぞる顎に顎をあわせて、息をつかせて
また、貪る。
なす術無く戸惑う瞳を薄く開いた視界に認めても。
抵抗のやんだ柔らかい軀に煽られて。

額を合わせ
頬を押し付けて
そして、また唇を吸う。

絡ませる事のない舌をさぐり
引き入れて

「悪い夢など、みないように」

囁きを漏らして
その細く白い首筋に顔を埋める。

「悪い、夢?」

「置いていきやしないし」
耳の後ろに唇を押し付けて。

「離れてもやらない。」
耳の中へ囁く。
びくんと大きくはねる躯。


誰、ダレ?

その声も
その言葉遣いも

知っているようで知らない誰か。

どうして?

眼を開けば
そこに人の姿はなく。
キョーコは自分の唇に手を当てた。
ひりっと腫れたそれは、
頬に残る液体は、
躯の奥をこすり上げていく。






*****
もう次は限定です。
カイセツじゃ、なくなって、、ますね。。


関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。