その名前を呼ばないで・11

魔人様のリク罠に妄想だだ漏れで始まりましたー。
そんなわけで、前回までのお話、、
1・2・3・4・5・6・7・8・9・10



車?
走っていくキョーコの後をつけた久遠は、車に乗り込む場面に足を止めた。
・・・こんな時、視力がよくて良かったんだか、悪かったんだか。運転席の男は、、敦賀蓮。
、、あれじゃかえって目立つだろう。何考えてんだ。
制服姿でうかうか車に乗りこむキョーコもだが、授業サボらせる先輩俳優なんて、どう考えたっておかしい。
「なんなんだよっ。」
久遠は慌ててタクシーを拾うと、
「あの外車の跡つけて。」
と言った。
、、、背に腹かえられないよな。
タクシーの座席で携帯を取り出し、ポチポチとコールする。

「あら、久遠くん。」
トワの声。
「キョーコが拉致られた。あのさ、敦賀て、、何?」
キチンと説明なさいと、トワが冷静に言ったから、久遠は少し落ち着いて話した。
「えっ。敦賀さんがキョーコちゃんをさらった?」
久遠は黙る。LMEの先輩だから、ちゃんと今度挨拶すること!と説教たれたのはトワ。
「俺いま、その車追っかけてるから。」
「、、、わかったわ。あんたたちが遅刻しないように祈るけど。」
「あ、追っかけていいんだ。」
「止めたって無駄でしょうよ。どこに着いたかは連絡なさいね。」
トワの声は冷静。
「で、何者?なんで学校早退させんの?」
久遠はやはりまくしたててしまう。
「早退させた理由はしらないけど、敦賀さん真面目な人なんだけどな。」
「真面目だったらこんなことしないよな?キョーコだって真面目なのに!」
電話の向こうでトワが笑ったのがわかる。
・・・くそーっ!姉貴に聞いたってやっぱり無駄だった。
「3ヶ月もかかって、付き合えないんだー可哀相ね、こんなに手伝ってるのに〜」とのたまったミチの声が頭に響く。手伝いじゃなくて邪魔だったろーが!
「頑張りなさいね。」
プツッ

「何だ、前の車は恋敵か?」
タクシーの運転手が言った。携帯の会話が聞かれていたらしい。フルネームを出さなくて良かったと、ちょっと久遠は反省した。喚き立てれば、聞く気がなくても耳には入るだろう。
「そりゃー、俺も張り切って運転するかな。」
「、、、頼みます。」
久遠は、、恋敵と言われて、やっぱり俺はキョーコに恋してる、と自覚した。

「春花」だから、「春」だから、、じゃないよな。


「このドラマで二人とも、ラブミー部卒業できるといいなぁ。」
社長がにやにやしながら、様子を見に来たのを思い出す。

「一緒に卒業しようね。」
春花のセリフ。

「そうだよ。俺と一緒に卒業だよ。」
久遠は前を走る車を見つめた。

キョーコに初めて「久遠」と呼ばれて、嬉しかった。
隣り合わせに座って、ほんわり伝わる柔らかい香りや暖かさにドキドキした。
いつでも真剣で、何を言ってもちゃんと言葉と態度を示してくれて、嬉しかった。
だから、彼女が「久遠」と呼びたがらなかった理由は、聞きたくても聞けなかった。
・・好きだった奴の名前?
・・・まさか?


前を走る車の男。

久遠はぎゅうっと歯を噛み締めた。




*****
すいません。
ちょっと、こっちの久遠くんが暴走中。
蓮さんはまだ、サングラスのまんまだし、一体どこへさらってくんだ?
そして、姉さんズは一体何を企んでいたんだか。
収拾が・・・・

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

久遠くんは見ていた!!

なのですね!

追いかけちゃう行動力と電話での会話。
姉サンズの反応。タクシーの運転手さんの応援。

楽しかったデス!

(* ̄m ̄*)

Re: 久遠くんは見ていた!!

魔人sei様

もう、キョーコちゃんが早退するんで、ほっとけなかった久遠くんです。
タクシー代が心配ですが、、。

楽しんでいただけてよかった〜
message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム