スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

その名前を呼ばないで・8

魔人様のリク罠に妄想だだ漏れで始まりましたードタバタっぷりはまだまだ先になりそうな。
そんなわけで、前回までのお話、、
1・2・3・4・5・6・7





高校生活、グループ単位の行動も授業となれば仕方なく。
「週番って、」
春花が絶句した。
月曜から金曜まで、担任との連絡などと掃除のゴミ捨て。クラス全員に順番で回る。
「ハヤカワ」「ヒダ」は50音順で、なにかと組まされる。
「・・仕方ないか。」
春花は春に、「何をしたらいいの?」と尋ねながら、職員室やら、ゴミステーションやら一緒に行動しはじめる。
「早川くん。」
「なに春花。」
「その名前で呼ばないで!」
「え、俺は春でいいよ。早川のほうがやだな。」


「ね、キョーコもだよ。俺、樋口ってよばれてもピンとこないから。」
キョーコはむむと口をとじたまま。
ドラマの相手役だと紹介されて1週間。
ラブミー部のほかの二人は初日から、「奏江」「千織」と呼ばれて「久遠」と返した。
キョーコだけが、「樋口君」。
「ピンとこないっていっても、日本だったら名字で呼ぶのは当たり前なんだから。」
「だって、現場に樋口が4人いるんだよ?」
「樋口君は一人です。」
きっぱりと強気になって、キョーコは返した。
「同じ名前の奴がいるから、やなんだ?」
樋口の声がしょげている。
キョーコの周囲には、同じ年の男子はショータローぐらいしかいなかった(寄り付かなかった)から、樋口のリアクションには振り回されてばかりいる。年齢ばかりでなく、懐っこい犬のようなキャラクターのせいだろうとは思うけれど。
・・そんな捨てられた子犬みたいな顔されると。酷いことしているみたいで。
「ごめんね。」
キョーコは素直に謝った。
「俺の名前が、久遠じゃなかったら、その名前で呼んでくれた?」

「どうかな?」
キョーコはふっと呼び方について、考えてしまった。
ショーちゃん以外は基本、名字呼びだ。ブリッジロックのお三方はもう本当に呼びかけとして、お名前以外にないわけで。
親しみを込めてと言われても、ちょっと困ってしまうのも本当だ。
「きょーこたん!」
チヨの高い声に、樋口の顔が歪み、キョーコは苦笑する。
・・チヨさんに呼ばれると、「きょーこたん」もアリだと思うから凄い。
「ごめんね、途中から割り込んでぇ。だけど、アタシからもお願いなのよ。」
「はい?」
「久遠ちゃんは久遠ちゃんって、よんであげてくれないかなぁ。」
ねっというにっこり笑顔。
「だってアタシ達は名前よびしてくれるでしょ?」
今日は不思議の国のアリスだ。チヨさんはここのところ、某ファンタジーワールド系。
「く、久遠ちゃんですか?」
「や、、、ちゃんはナシで。」
ちいさな樋口の声。
「久遠くんでも久遠さんでも、呼び捨てがいやだったら、それでよくない?」
チヨさんの独特の甘い声。
「久遠さんでどうかしら?」
上から降ってきたのは、ハスキーボイス。トワさんだ。
「久遠さんなら、名字みたいでしょ?」
「そうそう、それがいいわぁ」
チヨさんが嬉しそうになる。
キョーコはおれた。

「ちょちょっと!くお、、、!!!」
それから数日のち。
学校に提出するレポートをみせるみせないでもめて、破れてしまったために、キョーコが激怒し。
キョーコの当初の戸惑いはどこへやら。
「久遠っっ!!」
という怒り声が響くことと相成ったわけで。
裏でほくそ笑む3姉妹の思惑に、キョーコはまだ気がついていなかった。





関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。