スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

奴がきた! 15

このシリーズでも不憫すぎるR様に、
ささやかな幸せプレゼンツ?


でもね。



コレは奴のハナシ。



「キョーコ、さん?」

蓮の自宅。
久方ぶりに二人して早めに上がれたその夕方。
食事には、まだ早く。けれど下準備はとっくに終わらせたキョーコ。
蓮としては、食事の支度より一緒に台本の読み合わせとか、なんだかこう、一緒にのんびりしたかった時間。
待ち合わせした、ラブミー部室で紙袋で大荷物のキョーコを見たとき、ちょっと甘い期待をした。
、、、いつでも泊まれるようにとか。
「恋人」
となっても、ちゃんとお泊りセットを持参して、帰りには痕跡を残していってはくれない。
そう、冷蔵庫に何食分かのストックを置いて行ってくれる以外は。
歯ブラシぐらい、カップぐらい、、と蓮が用意したものは、スルーされている。
『なぁ、それを黙って用意しておいたら、ふつーお客用って、思うぞ?』
タケシにつっこまれた。
黙っていたわけではない、キョーコが「勿体無い」と固辞した、のだ。

着くなり、キッチンに籠られ、やっとリビングに出てきてくれたと思ったら、、、
『ちょっと確認させて』
と真剣な顔でタケシにメジャーを当てている。
『ちょ、くすぐったいなぁ』
タケシがぶりぶりとお愛想。
・・・なんで、タケシ。
紙袋の中身は布地。キョーコが取り出したのは、ほぼ完成と見えるスーツ。
チクチクチク
器用に手先が動いていく。
無心というか。
「キョーコ?」
聞こえてない。
「キョーコちゃん?」
「キョーコさま?」
「キョーコさん?」
チクチクチクチク、手はサカサカ。視線もスーツに集中。

「最上さん?」
「ハイッ?」

ピタッと手が止まり、顔が上がる。
・・・・。なんで、その呼びかけに反応があるのかな。
「何を、作っているの?」
「タケシのスーツですっ。蝶ネクタイだけだとなんだか寒そうですし。」
・・・面白くない。
「あ!実はですね。貰っていただきたいものがありまして!」
はっという表情になったキョーコは、紙袋に向き直る。
・・・あんまり期待しすぎるのは危険だ。

「あの、お寂しいんじゃないかな、とか、思いまして。」

どきっ

「どうぞ。」

そ、と差し出されたのは。

『おい、キョーコ!!!』
タケシの悲鳴があがった。
いや、俺だって泣きたい。

10cm大の「タケシ」

しかも、、スーツを着ていた。
・・・ああ、だから急いで仕上げてたんだ、、じゃ、なくて。

「ちゃんと、手足も頭も動くんですよ!」
ニコニコと人形の手を動かすキョーコ。
「さすがに、おしゃべりはしてくれませんけど。」

『やだ、やだよ。キョーコ、・・・俺が身売りしてるみたいで気持ち悪い。』
・・・・・。
「ありがとう、大事に、、使わせてもらうよ。」

「使う、んですか?」
キョーコが不思議そうな顔になる。
クスっと蓮は笑って、タケシ人形の腕をそっと摘むように持った。

タケシはぞっとした。
昔、火をつけて燃やされたあの時を思い出した。
・・・・やっぱり、久遠なんだ。


******
あわわわ〜
なんか方向性が違う??


関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

タケシミニピンチ!

昔のクオンより、キョーコが絡んだ蓮さんのが凶悪そう。(爆)

Re: タケシミニピンチ!

もう、それは凶悪至極かと。
ただ、キョーコちゃんのお手製ですからね、、、悶々とするだろうかと。
message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。