スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

真夏の・奇蹟

またもや曲妄想。
「mokaのお楽しみ」で触れたお話です!


「うるさい。」
カーニバルの夜。
賑やかに笑顔を振りまくパレードに、雪花は背を向け両手で耳を塞いだ。

ばん!ぱんっ!
爆竹と花火の音、喧噪。
人ごみでごった返す街並は、極彩色に彩られて。
リズムを刻むドラムが、色鮮やかな衣装の踊り子達を舞い上がらせる。

「セツ」
ぐいと耳を塞ぐその腕を掴む、大きな手。
雪花は見上げ、目を細める。
「手を離すな。」
賑やかなパレードに潜む闇みたいに、頭から足の先まで真っ黒い人。
雪花は掴まれた腕を耳から離して、その手に指を絡ませた。

豊満な胸を晒し、揺すって踊る女達がカインに手を伸ばし触れていく。
それが雪花には我慢ならない。
・・触んないで!

あははははは
きゃはははは
着飾った男女がけたたましくあげる嬌声。

・煩い・うるさいったら!

「セツ」
急に足が地面から離れた。
そして絡めた手が外れて、腰を抱く。
カインに抱き上げられたと気付くのに、ほんの数秒遅れた。
見える世界が変わった。
人々の笑う顔を見下ろすその高さ。
さっきまで、雪花にみえていたのは、人の背と胸だけ。

「兄さんの見ている世界はステキね。」
カインは雪花の顔をじっと見つめて、笑う。
「お前がいるからな。」

雪花はカインの首に廻した右手で、その髪を梳く。
そして、左手をそっと肩に置いて、掴まる。

「好き。」

掴まったその耳許に。
カーニバルの喧噪で聞こえないといいと、思いながら。

ぐっと抱き上げた腕に力が籠る。

『それは、愛している、と言うんだ。』

寄せられた貌。
重ねられた唇。


ばん!バンっ!
喧噪も煌めくパレードも遠くなる。

「聞こえない。」

「愛してる。」

見つめあう視線
重なる唇。
お互いの頭を抱きあって、
深く、口づける。

パレードが祝福のように二人の横を踊り抜けていく。

真夏の夜が

幕をあける。



end


*****
画才があったらなぁ〜
極彩色バックに黒衣のカップルですよ〜









関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

色彩もですが、音も…

こんばんわ。またしても二人の一コマを切り取った、ホッとするお話ですねえ。素敵です。

極彩色のカーニバルの中に黒づくめの二人というのも、周囲と隔絶した感じになり素敵ですが、音もそういう要素を持っているかな、と思いました。つまり、周囲は耳を覆うばかりの大騒ぎでも黒衣の二人が見つめ合うそこには周囲の音が入ってくる隙がなくて、お互いだけに注意が向いている静かな空間があるような、そんな気がしたのです。そういえば、Umbrellaでは激しく降り注ぐ雨が二人だけの空間を作っていましたね。

素敵なお話、どうもありがとうございました。

Re: 色彩もですが、音も…

> genki様

コメントありがとうございます!
いつも本当に素敵なコメントを頂いて、感無量なんです!ありがとうございます。
久々に聞いた曲が、当時とちょっと印象が変わって聞こえて、カーニバルの熱量と恋する二人が対比なんだななんて思ったのをそのまま切り取りでした。
外界が騒がしい程、中は静か。
その静けさは何かの前触れにすぎないもの。
そんな状況を想像するとちょっと涙腺にきてしまうシチュエーションなので、ついつい。

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。