奴がきた!4

あああ、美しく切ないお話を書こうとしているのに、奴が、俺オレ〜いってます。
さすがです。


さあ、今回は




どう転がす?



どう転がる?




「あの、、タケシとお話して、待っていて下さいね。」
カップを手際よく片付け始めたキョーコに、言われてしまった。
「このまま、お夕食の用意しちゃいます。」
蓮は手伝うことも出来ず、仕方なしにニヤニヤ笑うティディベアの横に座る。
・・・どうせろくでもないことを話だすんだ。
キョーコに聞かれたくない一心で、テレビをつける。

最悪なタイミング。

リモコンでチャンネルをかえようとした蓮の手のうえに、モコモコの手。
「なんでかえるんだ?」
「・・・・。」
それはかえたいだろ?

『、、、悪い男ね。』
『、、キミのほうが、よっぽど。』

蓮は頭を抱えた。
よりによって、自分のベッドシーン。
ドラマならだいたい放送時間を把握してるが、映画は不意打ちだった。
しかも、この映画、露骨なシーンが長い。
キョーコがいなければ、別に困らない。
横でタケシにどうこきおろされようと。

タケシは抱きしめるようにリモコンを抱え込んだ。
「この女優、結局やらせてくれたのか?」
「ない、それはないから。」
絡まれて、困ったのは記憶にある。
「なんだ?わりとタイプだろ?」
「いや、あんまり・」
「なんだ、たたなかったのか?」
「ちがう、演技だから!」
「まあなぁ〜年上?」
「・・・。」
「手がいまいちだな。」
「しかも、お前、、、成長してないんだな。」
「は?」
うなだれるタケシに蓮は言葉が無い。
・・・なんでこれで凹むのか教えて欲しいよ!

「日本にきてから、やってないんだろ。」

哀れむようなティディベアの視線。
・・・凹むのはこっちだ!

「お前さ、これ、エミリーんときと変わんない。」
・・・エミリーって、覚えてるのか?
「どうしたんだ?病気なのか?」

「それでキョーコとやれんのか?」

「キョーコ処女だろ?」
・・・どこで判断してるんだ?

「そんなんで、大丈夫か?」

「これは演技だって、いってるだろう?」
「そうか、、ならいい。」
くるりと画面に背を向けたタケシ。


そして、タケシの視線の先に、お箸を握りしめて、真っ赤になって立ち竦むキョーコがいた。




*****
ええ、タケシは狙ってたんですよ。





関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

や、やられた・・・・

キョコさんへの発言は赤面ものですが、違う女性の名前が・・・・あああああ!!!タケシ鬼ですね!!(笑)

Re: や、やられた・・・・

タケシ容赦無し!
さて、キョコさんはどこまできこえていたんだか?
message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム