カリソメ乙女

、タイトルは恐れ多くも、、、
歌詞も素敵ですがタイトル萌え




キョーコが手にしているのは月刊の女性誌。
高校を卒業して、家政科に進学したキョーコにきた依頼。
毎月1pのお弁当コーナー
反響も良くて、出版社からもお料理本を出そうと言っていただけている。
そして、今月号が上がったと届けてもらったその号は。

なっ。

「あ、この号は毎年バカ売れなのよ。恒例企画だから。」
まあ、事前に聞いてはいたし、自分のコーナーも「彼氏にキモチ伝えるお弁当」。
、、、、って。

でも、表紙、

敦賀さん。

何やってるんですか・・・

これが書店の入り口の雑誌コーナーに積まれるんですよ?

これもってレジにいける人、凄い。
ああ、裏返してもってくのかな。

「あ!やっぱり京子さんとこにはあった!」
楽屋にきたのは今共演している女優さん。
引き連れられてモー子さんまで。
ちょっとほっとする。
「敦賀さんのセクシーショット凄いって噂だったんだけど、うちのマネージャー買わせてくれないのよ〜」
同じ年の10代の女優さんは清純派。
「京子さん連載もってるから、見本誌きてると思って!」
「うん、はい。」
京子は手にしていた雑誌を手渡す。

「あ、こんなとこになんか傷跡っぽい?」
きゃあきゃあいっていた彼女が言ったので、つい覗き込む。
敦賀さんの脇腹あたりに引き攣れたような、跡?
「やだー京子さん真っ赤よ!」
「だっだって〜」
ベッドに腰掛けてこちらに視線をおくっているのは、夜の帝王で。
「・・・これが、あんたのいう。」
モー子さんが何かいいかけて止めた。
「女優なんだから、半裸で真っ赤になっちゃだめでしょ〜」
清純派がけらけら笑う。
「あーだめだめ、この子、敦賀さんのファンだから。」
モー子さんが、フォローしてくれる。
「そっか、じゃ、これは大切なおかずねぇ。」
「もうその辺にしてあげて、この子そういう話題全くだめだから!」
「え、そうなの。」
楽しそうに京子をみつめる清純派。

ちらっとドアのほうをみたモー子さんがいった。
「同じ半裸でも、例の幼なじみとかは大丈夫なんでしょ?」
「そりゃそうよ。しょっちゅう短パンで歩き回られたけど、ちっとも。」
あれ?キョーコはそういいきって、そういえばそうだなと。
「あー、意識してなかったんだ。」
「あんた何気にひどいわよ。」
モー子さんが吹き出した。
「ひどいって、」
「あんたが色気ないってアイツにいわれたのと同じ。アイツに色気を感じてなかったんでしょ?」
「あーなるほど、そういうこと.」
キョーコはほっとしたように笑った。
「何なに、それはコイバナよね?」
「あーコイバナにもならない、くっだらない話。」
モー子さんがイヤダイヤダという顔をする。
「うん、くっだらないの。それよりね、お弁当もみてね」
キョーコが笑う。


廊下
目的の楽屋の前に人が立っている。
明るい髪の青年とみて、蓮は足をはやめた。
近寄ると楽しそうな彼女達の会話。
不破は、真っ赤になって楽屋の内をみている。
「・・・アイツに色気を感じてなかったんでしょ?」
琴南さんの声?
「あーなるほど、そういうこと。」
のんびりした最上さんの声。
不破の手は握りこぶしになっている。
・・・まずいかな。
蓮は自分の顔が笑っていることを知っている。
・・我ながらオトナ気ないけどな。
不破がこちらに気づいて、顔を赤くすると踵をかえして去っていった。
・・ちょっと哀れだな。
・でもね。



「あっ」
真っ赤になった最上さんの顔。
「見てたんだ、それ?」
さらに真っ赤になる彼女。
「あの、その。」
ふよふよと言い訳をさがす口。
俺が嬉しくて仕方ないなんて、気がついてないんだろうけどね。



*****
きゃあきゃあいいながら、雑誌見てたなんて、懐かしいなぁ。
思いつきでクリスマス前の連休に、こんなネタをアップしてしまうようになっちゃったんだ。
あはは。


関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

雑誌をみる乙女達の反応差に爆笑!

モー子さん、ナイス誘導ですね!

ショータローにとっては、残酷な真実が明かされ、蓮にとっては自分は彼とは違うという嬉しい事実を認識でき!
これで、アタックが本格化しそうですね。(ヘタレの背押し完了)

それにしても。

きゃあきゃあいいながら、雑誌見てたなんて、懐かしいなぁ。

というコメントを見て、考えました。

あれ?そんなことしたことない!(爆)

イケメン話に、コイバナ、メイク話その他。

友人との会話になかったような・・・・

類友恐るべし!(爆)

ヘタレの背押し完了!!

久々にコミック通し読みしたら、モー子さん萌えしてまして。
あちこちの話で背を押してます、彼女。

>あれ?そんなことしたことない!(爆)
魔人様〜そこツッコミますか!!!
きっと魔人様はピュアキョな感じですね〜
女子校だったので、アイドルも漫画も隣の男子校も全部ごった煮のカオス育ちなmokaざます。

moka様の快進撃に脱帽

毎日、連載アップしているのに凄いですよ、moka様はっ!!

きっとキョコちゃんはその雑誌をお持ち帰り…しないんだろうな(笑)
恥ずかしいとか思っちゃて。

私が高校生の頃はすでに腐女子まっしぐらで、同人誌の原稿にあけくれていましたけど、きゃあきゃあ言ってましたね~。懐かしいな~。
雑誌違いですけどね(笑)

しかし、清純派アイドルよりキョコの方が清純って。
どんだけ可愛いのキョコちゃんったら!!

イエイエ


> きっとキョコちゃんはその雑誌をお持ち帰り…しないんだろうな(笑)
すみません。腐った私は持ち帰るキョコちゃんを妄想。
おかずって何って、モー子さんに聞いて帰ると。いや、蓮さんに、、、、。
、、、、

きゃあきゃあという声が出せなくなって大人になったなって、実感しました。
黙ってすまして、花とゆめをレジに持っていける。
、、、え、何か違います?

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム