スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

ASH-14

今回は短いしモノローグです。(久々の更新がこれでごめんなさい)



「知られたくない、か。」
大切に思えば思う程、手を伸ばして掴みたいのに、ほんの少しかけ違ってしまうそのことが怖い。
なによりも、手にしてしまった自分がどうなるか、幸福に舞い上がった自分が落ちる先が怖い。
・・必死になればなるほど、
・・手からすり抜けていったもの。
「知られたくない。」
貴島は意味深な言葉だけ残して、撮影だと一足先に立ち上がっていってしまった。貴島の恋とこの恋は一部重なるであろうが、たぶん別物だと、蓮は思う。
なぜなら、貴島にはきっと一生背負い続けるような過去はないはずだからだ。
そして、貴島の恋の相手はきっとキョーコのように、思いを嘲笑されたことなどないはずだからだ。
蓮とキョーコには、他人を信じるには、重くて深い過去という疵がある。
どこかで過去の疵に重ならないようにと、安全装置が働く。
お互いに求め合っているからこそ、なお。
安全装置という枷が外れたら、過去の疵を埋めようとするように互いの存在に溺れてしまうだろう。未来をみているのに、過去を繰り返したくないその気持ちが大きくなりすぎる。
「あなたを不幸にする。」
その言葉の裏に、まだ知らない「幸福」というものを畏れる気持ちが、ある。
・・・安全装置、か・
蓮はぎゅっと瞼を強く閉じて、そして、開いた。
視界の正面はスポットライトが眩しく照らし出す撮影風景。
貴島のいう「つくりごとのキレイな世界」。
おとぎ話とわかりながら、現実にあってほしいと願う気持ちが人にはあって。
ほんの少しのリアリティが、夢を現実に錯覚させて、酔わせる。
それが演じるということなら。
蓮もキョーコも見ている人以上におとぎ話を現実にしたいと願っているから、演じられるのかもしれない。虚構に入り込めるのかもしれない。
「幸福」はキレイで優しい明るいものだと信じて止まないから。
カメラの前で、快活に笑う貴島にさっきの影は微塵も見えない。楽しく笑うその姿は、現実を生きる貴島の別の顔だろう。

ほんとうの気持ちを知って欲しい。

ほんとうの気持ちに含まれる醜いものを知られたくは無い。

その心の奥底の醜いバケモノが、彼女を不幸にするのではないか?

そんなバケモノを抱えた俺に
「幸せ」が
わかるのだろうか?

蓮は絡み付いた思考を振り払うように軽く、頭を振って立ち上がった。
演じる事は、できる。

「理想の王子様」

そうありつつけることなんて簡単だ。「敦賀蓮」でいさえすればいい。
ただ、そうじゃない自分を彼女には知って欲しいと、、思うから、
・・・苦しいのだ。





*****
ええとASHは「灰」という意味でタイトルにしました。
燃え尽きたあとに残るものですね。灰をどう解釈しているか、お付き合いいただけたら幸いです〜

関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。