panic!parking

あああ、なんてベタなタイトル、、
車免許皆伝シリーズ、再開です。
ちなみに、リク罠ドボン、記念作。
リク魔人さんのリク罠128の一行お題、「運転免許」で、シリーズ丸ごと奉納(押し付け)受け取って頂きました。

では、いってらっしゃいませ!







『京子とSafty drive』
やや深夜帯の10分間の番組ながら、好調な評価を得て、撮影も終盤に突入した。

「京子ちゃん、本当にセンスいいね。」
手間取ると思われていたクランクはスムーズに通過でき、番組的にちょっと面白みを加えようかという話になった。ただ、無理やりに失敗してもつまらない。
「教官が教え上手ですから、私のセンスなんて。」
と照れてれ微笑む京子に、スタッフはこの娘は最強だと感嘆した。あのゴージャスターと車に一緒に乗っていられる上にちゃんと仕事を卒なくこなし、あまつさえ先輩のお陰ですと微笑む。これが他の10代の女子タレントなら、目がハートになったまま、浮かれていてもおかしくないはず。、、まあ、初日がアレだったしな。
番組の視聴率や評判が良いのも、京子が超人気者の二人の教官をあくまで「素敵な教官」と謙虚に従っているのが、伝わるからなのだろうと思われた。
テキパキした受け応え、緊張しているのは車を動かすことへの緊張。
「まあ、残す難関の縦列駐車で、ちょっとスジ考えるわ。」
ディレクターがぼりぼりと肩をかきながら、待機場所へ消えていく。


「じゃあ、まず車を降りて、駐めるスペースを確認しようか。」
すっかり教官が板についた蓮はにこやかそのもの。
「はい、よろしくお願いします。」
「ゆっくり後退させながらハンドル操作をするから、、。」
目印になるポールや、コツなどを車外で歩きながらの説明。
ここは台本があるから、余裕なんだけど。
キョーコはちょっと不安になっていた。
前進は感覚がわかるのだが、後ろにさがるのは初。

「なんだかいつになく緊張してる?」
「は、ハイッ。」
「じゃあ、まずはただ後ろに下げようか。」
キョーコは蓮をじっと見てしまった。なんで緊張の原因が判ったのかしら?
「ん?」
「ああ、いえ、なんでもありませんっ。」
キョーコは慌ててブレーキを踏み、シフトレバーを確認してBに入れる。そしてバックミラーを覗き、左後ろに首をまわす。
「、、、案外後ろは見えにくいんですね。」
いや、正確には左側を視野に入れるのがこわいのだ。にこにこしながら見ている蓮をキョーコはマトモにみられない。心臓のばくばく音が外に漏れでてるのではないかと。
、、近い。近すぎます!
蓮は蓮で後ろの状況をみるために、バックミラーを覗き込んでいる。ただでなくとも狭いコンパクトカーのフロントでは、うっかりすれば顔面衝突しかねない。

ブレーキを踏む力を弱めると、車は後ろに下がりはじめる。
ほんとうはここでブレーキからアクセルに踏み変えるのだが、この惰性で動く速度でキョーコはいっぱいいっぱいだった。

見ていたスタッフもキョーコが、ここにきてつまづいているのを悟った。
「こりゃ、下手な演出しなくても大丈夫かな。 」
「苦手がなくちゃ困るっていうのも、なんか辛いとこだよねぇ。」

やっと少しアクセルを踏めるようになり、駐車スペースへ入れる事に。
ガタン!
「ああーやっぱり、でもありがたい絵だね。」
ハンドルがうまくきれずに、駐車スペースの縁石に車が乗り上げたのだ。
しかし、車がそこから動かない。
「あれれ、京子ちゃん凹みすぎ?」

車内。
カメラマンは途方にくれていた。
、、、録画しちゃった、、、、

そう、、
ガッチガチのキョーコが後ろを一生懸命にみていて、シフトレバーを見ずに掴んだのは、蓮の膝。


キョーコは予想しない感蝕に、手元に視線を落として悲鳴をあげた。
がこん、そして車は縁石に乗り上げた。

改めて握り直したシフトレバーをパーキングにいれ、サイドブレーキをひくと、キョーコは車を飛び出した。

「も、申し訳ございませんーっ!」
助手席の蓮に向かって、土下座。
「ちゃんとパーキングにしたのはいいけど、車から飛び出しちゃダメだよね?」
項垂れたキョーコが運転席にもどり、カメラマンもひと息ついて、車は動き始めた。

クスクスと蓮が楽しそうに笑っているので、キョーコは余計に項垂れる。怒られなかったけど、、恥ずかし過ぎる。心臓のどきバク状態はオーバーフローでおとなしくなった。

だいたい、敦賀さんみたいな体格の人がコンパクトカーって時点で間違ってるのよ。脚が余ってるから!あんなことに!免許取っても敦賀さんをこの車の助手席に乗っていただくのは、勘弁だわ。ていうか、乗っていただくような事はないでしょうけど。。

項垂れたキョーコがそんな事を考えているとは露知らず、思いがけない接触に微笑んでしまう助手席の蓮。

後部座席のカメラマンはまた、貴島さんが爆笑するだろうなぁーと遠い目になっていた。



*****
カメラマンは社さんとお話ししたら、きっとお友達になれると思います。



まだまだ続きます。キョーコちゃん頑張れ〜
関連記事
web拍手 by FC2

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

キョコさん的には

災難ですね。

きっと貴島氏だけに習っていたら、スムーズだったに違いない!(しかし、蓮さんのスネ具合が尋常じゃなくなる危険!)

続きアップ有り難うございます!!
「road to」も今から拝読させていただきます!

(人´∀`).☆.。.:*・゚

Re: キョコさん的には

あはは、災難ですよ〜
隠したいアレな気持ちもありながら、この至近距離ですし。
顔面衝突させてあげようかと、仏心もあったんですが、やめました(汗)

貴島氏だけだったら、貴島氏が命の危険を感じるレベル。。。かと。

お楽しみ頂けて、よかった〜
message
場内整備を勉強しておりますが、不行き届きがあって申し訳ありません。何かのご連絡等は<読者様相談窓口>にコメントをお願いいたします。よろしくお願いいたします。
最新記事
counter
カテゴリ
flyaway news twitter
ブログとHPの更新状況とちょっと呟き フォローはご自由にどうぞ!(フォロー返しはあまりないかも)
Link
上部のサイト様は相互リンクいただいてます。 マナー携帯でご訪問くださいませ。 下部のサイト様は大好きサイト様で、リンクフリーに甘えさせていただいてます!!
検索フォーム